まあ、どうでもいい話です。

実はiPhoneの保護シールを貼るのが昔からとても苦手です。

これまで、所持したいくつかのiPhone&iPadに保護シールを貼ってきた訳なので得意になっていないとおかしいのですが全くダメです。

最近のiPhone7Plusでもいわゆる気泡って奴が堂々と真ん中にいるし、位置も微妙にずれている。

全くもってよろしくない状況で使用していました。

が、とうとう保護シールの2/3以上がiPhoneに接着しない状況になってきたので、予備分の保護シールを今日貼った次第です。

そして、これまで全く上手に貼れなかった保護シールが完璧に晴れるようになった次第です。

そのほぼシールがこれ!

 IMG_2187

iPhone7Plusを購入した時はちゃんと貼れなかったんだけど、今日はなんと!完璧に貼れたのです。

理由は、貼り方の取説をちゃんと読んだからです。

取説といってもそんな大それたものではなくメモ書き程度のものなのですが、当初はそれを読まなかったからちゃんと貼れなかったです。

あれから大人になったからか性格は超慎重になり、メモ書き程度の取説をちゃんと読んだ訳ですが、なんと!シールを貼るときにケーブル挿すところに保護シールを引っ掛けると書いてあるではないか!

なるほど!

多分、人はこういう時に「目から鱗が!」とかいうのだと思います。

保護シールをちゃんと、 引っ掛けてシールをiPhoneに着水!じゃないな。

接触!

おぉ〜!ちゃんと貼れた!

また、気泡も小さいのがひとつかふたつできただけ!

これは便利です。

保護シール貼りたさにすぐにでも新しいiPhoneが欲しくなりました。